プリズンブレイクの脇役に注目!シーズン毎に選んでみました

プリズンブレイクに登場する人物は、個性があって面白いですね。

マイケルやティーバッグなどメインキャラも魅力的ですが、ちょっとした脇役にも注目です。

今回は、プリズンブレイクに登場する脇役にスポットを当て、シーズン毎に1人選んでみました。

きっとあなたの印象にも残っているはず!

シーズン1 マンチェ・サンチェス 

フォックスリバー刑務所の囚人で洗濯作業を担当。

スクレの従妹で脱獄の手助けをしてくれます。

マンチェも脱獄に参加するも、電線をつたっている途中、体重に耐え切れず落ちてしまいます。

逃げた囚人たちの情報を聞き出そうと、ベリックがマンチェの元を訪れます。

一度は「仲間を売らない」と宣言するも、快適な刑務所への移動をエサにされると、あっさり情報を吐いてしまいます。

人間らしさも彼の魅力ですね。マンチェは今頃、ビリヤードを楽しんでいるでしょう。

シーズン2 マービン・グダッド 

動物病院の医師”マービン・グダッド”

ティーバッグは切断された左手を持ち込み、治すようにグダッドを脅します。

グダッドは持てる知識をつぎ込み、見事元通り!

その後も痛み止めの薬を渡すなど、献身的な彼。

しかしティーバッグは口封じのため、グダッドに止めを刺してしまいます。

良い人そうでしたが、逃走中のティーバッグには誰も信じられなかったのでしょう。

シーズン3 トレーシー・マクグレディ

SONA刑務所に収監されているバスケ好き少年。

本名はルイス・ガレゴ(Luis Gallego)、年齢は17歳です。

無法地帯のSONAで、皆と友人になることで生き残る頭の良さも特徴ですね。

マイケルの脱獄計画を手助けし、最終的にはマクグレディも参加。

無事、家族のもとへ帰り幸せな生活を取り戻しました。

プリズンブレイクでは珍しいハッピーエンドです。

シーズン4 サンチョ 

ティーバッグと一緒にサンディエゴを目指し、荒野を歩いていた人物。

食料が無い2人は、歩みを止め休憩。

サンチョは空腹のあまり、ティーバッグを食べようとするも返り討ちに遭います。

そしてサンチョは、ティーバッグの胃袋の中へ。

プリズンブレイクの中でも悲惨な死に方の1人ですね。

ティーバッグがいると、どんなシーンもコミカルで笑えます。

まとめ 

脇役に注目して観てみるのも面白いかもしれません。

出演シーンが短くても、印象に残っていますね。

あなたの好きなキャラクターは誰ですか?

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。