大学の過去問を解くならスタディサプリがおススメです。解説もあるよ

ネット学習サービス「スタディサプリ」では、最大過去3年分の入試問題を見れます。

全国140大学の過去問を、国公立・私立・学部・学科ごとに掲載されています。

解答と解説も見れます。

過去3年分の大学入試センター試験の問題もダウンロードできます。

では、詳しく書いていきますね。

※2019年6月24日時点では、大学の過去問は見れません。

2015年から2018年までの大学入試センター試験の問題・解答はダウンロードできます。

センター試験

過去3年分ダウンロード

学習Webトップページ左上にある「受験メニュー」をクリックし、「センター試験過去問」を選択します。

過去3年分のセンター試験過去問に挑戦できます。

上部に表示されている年度を選択しましょう。

ダウンロードできる科目は以下の通りです。

外国語

  • 英語(筆記)
  • 英語(リスニング)

国語

  • 国語

数学

  • 数学Ⅰ・A
  • 数学Ⅱ・B

地理歴史

  • 日本史B
  • 世界史B
  • 地理B

公民

  • 現代社会
  • 倫理
  • 政治・経済
  • 倫理、政治・経済

理科

  • 物理基礎
  • 化学基礎
  • 生物基礎
  • 地学基礎
  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 地学

リスニングも音声データをダウンロードして、問題に挑戦できます。

しっかり対策しておきたいですね。

スタディサプリのアプリからも、センター試験過去問を見れます。

「大学受験生向け問題集」をタップして、好きな教科を選択しましょう。

マークシートに答えを記入

マークシート用紙もダウンロードできます。

プリンターで印刷すれば、センター試験と同じマークシートに記入する練習ができますね。

慣れておくと、本番でも落ち着いて臨めるはず。

解答・解説

全科目に解答・解説がついています。

解説を使って見直せば、理解が深まるはずです。

過去問を解いてから、本番に臨みましょう。

 

全国140大学の過去問 

左側のメニューから「大学入試過去問」を選択。

全国140大学の過去問を最大3年分、国公立・私立、学部・学科ごとに見れます。

解答・解説付きなので、見直しもできます。

他にも入試情報や、偏差値なども掲載されています。

気になる大学を調べてみてくださいね。

スタディサプリに登録しよう! 

スタディサプリの登録方法は以下の通りです。

パソコン、スマホどちらからでも登録できます。

  • STEP.1
    学習者・お支払者の情報を登録
    名前や学年を入力します。
  • STEP.2
    コースを選択
    ベーシックコース個別指導コース合格特訓コースから選びます。

    個別指導コースは公立中1~3年生の方を対象に、担当コーチがつきます。

    合格特訓コースは高校1年~3年生・高卒生を対象に、担当コーチがつきます。

    講座動画を観たい場合は、ベーシックコースを選びましょう。

    ベーシックコースでも全ての講座を視聴できます。

  • STEP.3
    決済方法を選択
    ・クレジットカード決済(12ヶ月一括・月払い)

    ・キャリア決済(月払い)

    ・コンビニ決済(年度一括払い)

    以上の3つから選べます。

    クレジットカード決済を選んだ場合のみ、14日間の無料体験が適用されます。

    無料体験中に解約すれば、料金はかかりません。

    解約方法は、こちらのページを確認してくださいね。

  • STEP.4
    お支払情報の入力
    クレジットカード決済の12ヶ月一括払いを選ぶと、2ヶ月分無料でお得に登録できます。

    スタディサプリに初めて登録する方は、1ヶ月払いを選んで続けるかどうか決めてみてください。

以上の4ステップだけで完了です!

クレジットカード決済で登録すると、14日間の無料体験があるので、実際に利用してみて続けるかどうか決めてみてくださいね。

解約料などもかかりません。

スタディサプリ申し込み

まとめ 

ベーシックコースに登録すれば、過去問を利用できます。

大学の過去問集を購入すると1冊1000円以上するので、スタディサプリはお得だなと感じます。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました!