【テニス】全米オープンテニスの特徴と見どころ!

テニス好きのみなさん、こんにちは!

テニス最高峰の4大大会「全米オープン、ウィンブルドン選手権、全仏オープン、全豪オープン」

優勝すると、ランキングポイントが2000もらえるので、一気に上位にランクインするチャンスです!

その分、どの選手も本気で優勝を狙ってきます。

今回は、4大大会の1つ「全米オープン」特徴を確認しましょう!



全米オープンテニス 特徴 

開催地は、もちろんアメリカ!

開催時期は、8月最終月曜日から2週間にわたって行われます。

アメリカの季節は夏なので、暑さとどう向き合ってくのかも勝敗のカギですね。

コートの特徴

全米オープンテニスで使うのは、ハードコートです!

セメントやアスファルトの上に、合成樹脂がコーティングされています。

ボールのバウンドは高く、イレギュラーは少ないコートですね。

不規則に跳ねるイレギュラーは少ないので、選手のイメージ通りにプレイできる特徴もあります。

巧みなボールコントールをもった選手が有利に戦えるんではないでしょうか。

歴代優勝者 

男子 女子
2009年 フアン・マルティン・デル・ポトロ キム・クライシュテルス
2010年 ラファエル・ナダル キム・クライシュテルス
2011年 ノバク・ジョコビッチ サマンサ・ストーサー
2012年 アンディ・マレー セリーナ・ウィリアムズ
2013年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2014年 マリン・チリッチ セリーナ・ウィリアムズ
2015年 ノバク・ジョコビッチ フラビア・ペンネッタ
2016年 スタン・ワウリンカ アンゲリク・ケルバー
2017年 ラファエル・ナダル スローン・スティーブンス
2018年 ノバク・ジョコビッチ 大坂なおみ

ちなみに、表には載っていませんが2004年~2008年まで、ロジャー・フェデラーが5連覇しています。

特定の選手が全米オープンを得意としている印象はないですね。

つまり、どの選手にも優勝のチャンスありです!

2014年には錦織圭選手が準優勝、2018年には大阪なおみ選手が優勝しています。

日本人選手にも注目です!

見どころ 

ハードコートは世界中で最も普及しています。

どの選手にも馴染みやすく、実力が出せるコートでしょう。

「キュッ」と止まれるので、方向転換しやすく、自然とラリーも続きやすいです。

ラリーで圧すのか、ボレーで勝負を決めるのか、戦い方に注目です!

視聴するには? 

全米オープンテニスは、WOWOWで1回戦から決勝戦まで放送しています。

特徴や登録方法は、以下の記事を参考にしてください。

WOWOWの特徴をまとめるよ。登録方法から料金まで

登録すれば、テレビだけでなくパソコン、スマホでライブ配信が視聴できます!

他にも、グランドスラム全4大会、Nitto ATP ファイナルズとマスターズ全9大会、500シリーズ全13大会他、楽天オープンなど、国内外含む世界中のテニスを年中見られるのはWOWOWだけです!

テニス好きの方は、検討してみてくださいね。

WOWOW_新規申込

まとめ 

以上、全米オープンテニスの特徴と見どころでした。

優勝すれば、ランキングが一気に上がるので、チャンスを掴んでほしいですね。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。