テニス・スマッシュの打ち方まとめ!1人でできる練習法も

こんにちは!

テニスのスマッシュは強力なショットなので、確実に決めたいですね。

最初は空振りしたり、コントロールできなかったりと難しいショットでもあります。

今回は「スマッシュの基本的な打ち方」をまとめました。

1人でできる練習法もご紹介します。

では、詳しく書いていきますね。

テニス・スマッシュの打ち方 

左手はボールを指す

スマッシュでは、左手が大事です。

左手の指先をボールを指すようにあげます。

左手でボールを指すと、距離感がつかみやすくなり、自然と打ちやすい位置に移動できます。

ボールを上げてもらい左手でキャッチする練習も効果的ですね。

ひざは軽く曲げると、下半身の力が伝わり威力がアップします。

打点は高い位置で

理想のスマッシュの打点位置は、身体&腕が伸び切った場所です。

この打点が一番、力が伝わります。

練習中に意識して打ってみてくださいね。

試合では、様々なボールが飛んでくるので、理想の位置で打てる機会はあまりありません。

しかし、基本ができていると多少ずれても力強い打球が打てるのです。

1人でできるスマッシュ練習法 

壁を使ってできるスマッシュ練習法です。

壁から2~3m程離れて、ボールをワンバウンドで叩きつけます。

スマッシュができる位置にボールが返ってくるので、打ち返しましょう。

最初は軽く始め、慣れてきたら徐々に壁から離れてください。

色々な場所にボールが飛んでくるので、フットワークを使い左右前後に移動しましょう!

まとめ 

以上「テニス・スマッシュの打ち方まとめ」でした。

スマッシュは決まると気持ちいいですね。

試合で決めれば、流れも引き寄せられます。

テニスの花形ショットなので、ぜひ習得してくださいね。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。