テニス・フラットサーブの打ち方まとめ!打点は高い位置で

こんにちは!

テニスのサーブは自分のペースで打てるので、武器にしたいですね。

フラットサーブでボールをコントロールできるようになると、エースを取れる確率も上がります。

今回は「フラットサーブの基本的な打ち方」をまとめました。

では、詳しく書いていきますね。

テニス・フラットサーブの打ち方 

左手はボールを指す

トスを上げたら、左手の指先でボールを指します。

距離感を掴みやすくするためですね。

左手を上げると、サーブの威力もアップします。

ひざは軽く曲げ、力を溜めます。

下半身を使うことによって、力がボールに伝わりやすくなります。

最初は素振りでフォームを確認しましょう。

打点は高い位置で

理想のサーブの打点位置は、身体&腕が伸び切った場所です。

この打点から下に叩きつけるように打ち下ろします。

この打点が一番、力が伝わります。

ラケットの面は、ボールに対してフラットになるように手首をひねりましょう。

ラケットを斜めに入れると、ボールに回転がかかりスライスサーブやツイストサーブになるわけですね。

サーブの打ち方は人それぞれなので、あなたに合った方法を試してみてください。

動画で確認 

サーブは数をこなすことが大事ですね。

安定すれば威力・コントロールともにアップします!

まとめ 

以上、テニス・フラットサーブの打ち方まとめでした。

フラットサーブはスピードが出やすいので、コントロールできればエースも狙えます。

習得して武器にしてみてくださいね。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。