ソフトテニスと硬式テニスの違いまとめ!ボールが重いです

こんにちは!

私は中学の部活でソフトテニスを、大学のサークルで硬式テニスをプレイしていました。

今回は、軟式と硬式の違いをまとめました。

基本的な動作は同じなので、上達も速いはず。

では、行きましょう!

ラケットの違い

ソフトテニスラケット

ソフトテニスラケットの平均重量は240gほどです。

イメージ通りに振りぬける軽さですね。

ラケットのフェイス平均は90です。

硬式テニスラケットと比べて軽く、小さいので振りぬきやすいです。

硬式ラケット

硬式テニスラケットの平均重量は300gです。

力がないと重く感じるので、軽いラケットを選ぶのも良いですね。

僕も軽めのラケットを使っています。

フェイス平均は100で、ソフトテニスラケットと比べると大きく重いです。

ソフトテニス出身だと、ラケットの重さに慣れるかがカギですね。

ボールの違い 

ソフトテニス ボール

ソフトテニス ボールの素材はゴムで、中に空気が入っています。

重さは30gほどで、ボールが変形しやすく軽い力で跳んでいきます。

変形するので回転をかけると良く曲がるのも特徴ですね。

硬式テニス ボール

硬式テニス ボールの素材は中空ゴムで、周りをフェルトで覆っています。

中には窒素が入っており、時間とともに徐々に反発力が落ちていきます。

重さは56~59gほどで、変形しにくいです。

ソフトテニスと比べると2倍ほどの重さなので、打ち返すには力が必要ですね。

その分コントロール性能は高いです。

フォーム

フォームに決まりはありませんが、軟式のままだと、打ちにくいショットもあります。

硬式のサーブは、ラケットを薄く持ち、手首の回転を使って打ちます。

軟式フォームだと、ボールを抑えられずアウトしやすいんですよね。

ボレー&スマッシュも同じように、グリップを薄くもつ必要があります。

フォアやバックハンドは、軟式と同じフォームでも打てます。

軟式で上手かった人は、硬式でも上達が早いはずです。

気軽に始めてみてくださいね。

ルール

ポイントの数え方や、コートチェンジのタイミングなどの違いがあります。

ポイントの取り方や、コートの広さは基本的に同じです。

「マリオテニス」などゲームで、ルールを学ぶのも良いですね。

一番の違いは、硬式のタイブレーク

ゲーム数が6-6になったときに採用されるルールですね。

実際に試合を重ねれば、すぐに覚えられるはず。

硬式ではセルフジャッジで試合をする場合も多いので、覚えておくと良いですね。

実際にプレイしてみて

ボールの飛び方

一番感じたのは、ボールがラケットの真芯に当たったときの気持ち良さですね。

ラケットとボールは重いのですが、真芯に当たると力を入れなくても、遠くに飛んでくれます。

軟式だとラケットを振り切らないと、遠くに飛んでくれないんですよね。

硬式の方がボールをコントロールしやすいので、頭の中でイメージしているテニスができます。

バックハンド

ただし、両手バックハンドは苦戦しますね。

今まで片手だったので、両手で打つ感覚が掴みづらいです。

今では、硬式も片手バックハンドで打っています。

軟式出身プレイヤーは、片手の方が打ちやすいかもしれませんね。

スピン

硬式だと、ボールにスピンをかけているプレイヤーが多いです。

初めて打ち返すと、ボールの重さに戸惑いますね。

軟式のストロークは、フラットが多いんですよね。

硬式でもフラットは武器になるはず。

あなたに合った打ち方を見つけてください。

まとめ 

以上、ソフトテニスと硬式テニス違いまとめでした。

どちらも魅力があるので、好きな方をプレイしてみてください。

硬式は、スクールやサークルがあるので、大人になってからでも始めやすいですね。

上達を目指して頑張りましょう!

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。