1人でテニスを練習する方法!壁打ちで反射神経を鍛えよう

こんにちは!

大人になってからテニスを始めようとすると、練習相手がいない場合もあります。

今回は、1人でテニスの練習ができる方法をまとめました。

練習を積んで、上達しましょう。

1人でできるテニス練習 

壁打ち

壁に向かってサーブやストロークの練習。

1人で自由に練習できるのがメリットですね。

ボールが自分の元へ返ってくるので、球拾いをする必要がありません。

工夫すれば、ボレーやスマッシュの練習もできます。

ボールが返ってくるのが速いので、素早く動く練習にもなりますよ。

プロも取り入れる練習です。

ちなみに、私が良く行く壁打ちコートは1時間100円です。

通常のコートより安く利用できるので、お得感あります。

あなたが住んでいる場所の壁打ちコートを、検索してみてください。

オートテニス

自動でボールが出てくるオートテニス。

200円で30~40球ほど打てます。

ボールを用意する必要がないので楽ですね。

ただし、ボールの空気が抜けている場合もあります。

マイラケットを持っていくのをお忘れなく。

気持ちよく打ちたい場合に、おススメです。

素振り

練習の基本、素振り。

ゆっくりフォームを確認しながら振ると効果的です。

全身鏡の前で、フォームチェックするのも良いですね。

テイクバック、インパクト、フォロースルーと3つに分けて、確認しましょう。

好きな選手のフォームをマネするのも良いですね!

試合を見る

上手い選手のプレーを観るのも、練習の1つです。

実際に大会に足を運んで、観るのも良いですね。

テレビやパソコンだと、世界トッププレイヤーの試合が視聴できます。

テレビだとWOWOW、ネットだとDAZNでテニスの試合が観れますね。

トッププレイヤーのマネをするのも、上達への道です。

WOWOW_新規申込

テニススクール、サークルに参加する

1人の練習には、限界があります。

人と打ち合った方が、上達スピードも早いです。

テニススクールなら、初心者でも楽しめるはず。

スクールでテニス好きな人と知り合い、一緒に練習するのも良いですね。

経験者はサークルに入るのも、アリですね。

あなたに合った練習法を見つけてみてください。

まとめ 

以上、1人でテニスを練習する方法まとめでした。

壁打ちは気軽にできて、気分転換にもなります。

試合で見つかった改善点を練習すると、上達します。

1人の時間を有効に使って、試合に勝ちましょう!

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。