テニス初心者は打点の位置を意識すると安定したショットが打てます。画像・動画で確認しよう

こんにちは!

テニス初心者の方は、アウトになったり、詰まってネットにボールがかかったりと、なかなか安定したショットが打てない場合も多いですね。

最初はボールを打ち返せるだけでも十分なのですが、少し慣れてきたら打点を意識すると安定します。

今回は基本となる打点の位置を画像と動画を使ってご紹介します。

練習中も1球1球、意識すると上達が早くなるはず。

では、詳しく書いていきますね。

フォアハンドの打点位置 

フォアハンドの打点の位置は「左ひざの斜め前」です。

上記画像のラケットの位置で、ボールを打ち返します。

これが基本の打点ですね。

この位置でボールを打ち返すために前後左右に移動します。

試合中は様々なボールが飛んでくるので、毎回基本の位置で打ち返すのは難しいです。

しかし基本ができていると多少位置がずれても、ボールをコントールできるようになるのです。

練習は緩いボールを打ち返す場合も多いので、足を動かして基本の打点で打てるように意識しましょう。

打点を確認する

全身が映る鏡の前で、ゆっくり素振りをしてみてください。

ラケットが「左ひざの斜め前」に来たら、止めてください。

そこが基本の打点です。

最初は「結構前だな」と感じるかもしれません。

前でボールをとらえると、力を入れずに打ち返せるメリットもあります。

試合で相手選手が強くなるほどボールの威力が上がるので、楽に打ち返せる打点を身に着けておくと役立つはずです。

動画で確認

打点を「左ひざの斜め前」にすると、低めのボールも楽に打ち返せます。

力を抜いてリラックスして打ってみてくださいね。

片手バックハンドの打点位置  

片手バックハンド打点の位置は「右ひざの斜め前」です。

前後の位置は、フォアハンドと同じイメージです。

左ひざと右ひざが変わっただけですね。

ちなみにこの位置はフラットで打つ場合です。

両手バックハンドやスライスで打つ場合、打点も変わるので調べてみてくださいね。

片手バックハンドは力が伝わらないイメージがあるかもしれません。

基本の打点の位置で打ち返せば、両手バックハンドにも負けない強い打球が飛びます。

動画で確認

打点を「右ひざの斜め前」にすると、高めのボールも楽に打ち返せます。

片手バックハンドはフォロースルーを大きくすると、強い打球が打てます。

まとめ 

最後にもう一度確認すると、基本打点は「ひざの斜め前」です。

打点が安定するようになったら、スピンやオープンスタンスなど色々試してみてくださいね。

中級者・上級者の方も壁にぶつかったときは、基本に戻ってみるのも良いかもしれません。

今回紹介した方法が合わないな感じた場合は、自分の感性を大事にしてください。

あなたのやりたいように自由にテニスを楽しみましょう!

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。