ビデオカード『MSI R7 240 2GD3 64b LP』開封レビュー!ドラクエX ベンチマークテストも

2018年4月にMSIから発売されたビデオカード『MSI R7 240 2GD3 64b LP

ロープロファイルに対応していて、省スペースの小型PCケースにも取り付けられます。

搭載チップは「AMD Radeon R7 240」です。

Radeonを試してみたい方におススメですね。

では、詳しく書いていきますね。

ビデオカード『R7 240 2GD3 64b LP』 開封 

スペック
搭載チップ AMD Radeon R7 240
メモリ DDR3  2GB
バスインターフェイス PCI Express 3.0 x8
モニタ端子 D-SUBx1
DVIx1
HDMIx1
幅x高さx奥行 144x69x23mm

2018年8月に購入したときの値段は、4500円ほどでした。

小型PC用のブラケットも付属しています。

使っているパソコンのサイズに合わせて、取り換えましょう。

私はスリムタワー型を使っているので、付けられるビデオカードが少ないんですよね。

ロープロファイル対応は貴重です。

パソコンに取り付けたら、付属のCDでドライバをインストールしましょう。

ドライバをインストール

CDを起動すると、セットアップ画面が出るので、インストールしたい箇所にチェックを入れましょう。

必要なのは「MSI VGA Drivers」のみなので、他の箇所はチェックを外しても問題ありません。

準備ができたら右下の「インストール」をクリックします。

ベンチマークテスト 

公式サイト:ドラゴンクエストX

今回は「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトを利用して計測します。

だれでも無料でダウンロードできます。

最高品質で計測

グラフィック設定は、「最高品質・1920×1080」で計測します。

パソコンのスペックは以下の通りです。

  • CPU:Celern G1620
  • メモリ:6GB

1回の計測時間は約7分です。

 

結果はスコア2650の「やや重い」でした。

最高品質で遊ぶには、少し厳しいかもしれません。

グラフィック設定を「標準品質・1280×720」に落として計測してみると、スコア8422の「とても快適」までアップ。

これなら十分楽しめますね。

実際に使ってみた感想 

オンボードと比べると、発色が良く映像が滑らかに動いているなと感じます。

今までカクついていた映像も、コマ落ちせずに再生されています。

価格から考えると、満足度は高いです。

ゲームをメインに考えている方には物足りなく感じますが、映像をキレイに観たい場合にはおススメできます。

まとめ 

以上、ビデオカード『R7 240 2GD3 64b LP』開封レビューでした。

稼働しているときの音は、ほとんどなく静かです。

小型PCのビデオカードを探している方は、候補の1つにしてみてはいかがでしょう。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。