「どんなときもWiFi」を3か月使った感想!良いところ・悪いところをまとめます

どんなときもWiFi」って知っていますか?

ポケットWiFiながら、通信制限なしのネット回線です。

3日間で10GBまでや、月間制限なども無く、本当に使い放題なので、気兼ねなく利用できます。

「どんなときもWiFi」を使い始めてから、3か月ほど経過したので、良いところ・悪いところに分けて感想を書いていこうかと思います。

では、詳しく書いていきますね。

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」良いところ 

①通信制限なし

1番の魅力は「通信制限なし」という点ですね。

数多くあるネット回線から「どんなときもWiFi」を選んだ理由でもあります。

WimaxやポケットWiFiの弱点として、通信制限があります。

動画視聴やゲームをする場合、通信量を気にせず使いたいですよね。

通信制限なしの「ひかり回線」は、工事が必要だったり、建物によっては利用できない場合もあります。

「どんなときもWiFi」なら工事不要で、通信制限なしの良いところどりができます。

②月額3480円(税抜き)

2つ目は月額3480円(税抜き)で利用できる点です。

WimaxやポケットWiFiだと、もう少し安い回線もありますが、数百円の差なら「どんなときもWiFi」を選びます。

クレジットカード払いと口座振替では、月額料金が異なるので公式サイトを確認してくださいね。

最低利用期間は2年で、その後は自動更新されます。

③通信速度が安定している

私が住んでいる宮城県仙台市では、通信速度が安定して15Mbps以上出ています。

時間帯によっては30Mbps以上出る場合もあります。

もちろん、通信制限なしなので、どれだけ使っても速度が遅くなることはありません。

ただし、通信速度は住んでいる地域によっても左右されるので、注意ですね。

④持ち運びできる

ポケットWiFiなので、持ち運び可能です。

外出時にパソコンを使いたいときにも便利ですね。

工事不要なので、引っ越し時も楽ですよ。

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」悪いところ 

①端末は返却する必要がある

端末はレンタルなので、解約後に返却する必要があります。

返却しない場合や、故障がある場合は、機種代金18,000円(税抜)が請求されるので、大事に扱いましょう。

逆に考えると、端末を購入する必要がないので、初期費用を抑えられるメリットもあります。

②通信がときどき途切れる

「どんなときもWiFi」はクラウドSIMシステムを使っています。

クラウド上(ネット)にあるSIMから最適なものを自動的に選んでくれるシステムです。

SIMが切り替わるときに、少しだけ通信が途切れる場合があります。

動画視聴などをしていると再生が止まるので気になりますね。

10秒ほどで元に戻るので、慣れれば問題ないです。

③オンラインゲームには向かない

オンラインゲームで遊ぶときは、通信速度とPing値が大事です。

「どんなときもWiFi」の場合、通信速度は問題ないのですがPing値が遅いです。

Ping値は、応答速度を意味していて、速いほど快適に遊べます。

ゲームでは、コンマ何秒のズレが勝敗を分けます。

ドラクエXなどのオンラインRPGなどでは問題なく遊べるかもしれません。

「どんなときもWiFi」を3か月使った感想 

満足度は高いです。

1番の満足ポイントは、ネット使い放題です。

確かめてみると、先月の通信量は350GBほどでした。

高画質の動画を視聴していると、1日10GBを超えてしまいます。

今後ユーザーが増えて利用料が増えても、速度低下や通信制限がかかることはないので、思いっきり楽しみましょう!

引っ越しがあったのですが、「どんなときもWiFi」なら端末を持っていくだけなので楽でしたね。

悪いところを、認識して使えば、快適に使えますよ。

まとめ 

以上、「どんなときもWiFi」を3か月使った感想でした。

最後に、良いところ・悪いところをまとめます。

良いところ
①通信制限なし

②月額3480円(税抜き)

③通信速度が安定している

④持ち運びできる 

悪いところ
①端末は返却する必要がある
②通信がときどき途切れる
③オンラインゲームには向かない 

端末は5回線まで繋げるので、家族で使うこともできますよ。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。