【楽天モバイル】UN-LIMIT&スーパーホーダイ情報記事まとめ

この記事では、楽天モバイルのUN-LIMIT&スーパーホーダイ情報記事をまとめています。

記事のリンクを張っているので、記事を探すときの起点にしてください。

これから楽天モバイルを始める初心者さんに向けて、UN-LIMITの内容も書いたので参考にしてみてください。

スーパーホーダイ&組み合わせプランは2020年4月8日以降に新規申し込みができなくなります。

4月8日以降は、楽天モバイルで契約できるプランは「UN-LIMIT」のみです。

リンク集

UN-LIMIT

スーパーホーダイ&組み合わせプラン

その他

プラン「UN-LIMIT」の内容 

エリア 楽天回線エリア パートナー回線エリア 海外(海外指定66の国と地域)
データ通信 制限なし 2GB/月 2GB/月
通話 Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link利用
0円 0円

※海外から日本への通話(Rakuten Link使用時)

その他の場合は国・地域別従量課金

通常の
電話
20円/30秒
SMS Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link利用
0円 0円

※海外(その他の地域)へのSMSは100円/70文字(全角)

通常の
SMS
3円/70文字(全角) 100円/70文字(全角)

追記:4月22日以降にUN-LIMITの内容が以下のように変更されます。

パートナー回線エリア 2GB/月→5GB/月(データ容量超過後は最大1Mbpsで使い放題)

パートナー回線エリアに住んでいる人でも、充分使える内容になっているので検討してみてくださいね。

月額料金は2980円

楽天モバイルで契約できるプランは月額2980円の「UN-LIMIT」のみです。

迷うことは無いので分かりやすいですね。

「Rakuten Linkアプリ」を利用すると、国内通話かけ放題なので、電話をよく利用する人にも良いですね。

オプションに加入する必要なく、月額料金のみでOKです。

ただし日本から海外の通話、海外から海外の通話の場合、従量課金制なので使いすぎないように注意です。

オプションで月額980円の「国際通話かけ放題」もあるので、検討してみください。

最低利用期間

最低利用期間はなく、解約料もかかりません。

MNP転出手数料は3000円です。

自動更新は解約月を確認するのが大変ですね。

楽天モバイルはいつ解約しても、MNPしても解約料はかかりません。

楽天回線のみデータ使い放題

UN-LIMITでは、通信している場所によって「楽天回線」と「パートナー回線」を自動で切り替えます。

楽天回線に繋がっているときはデータ使い放題です。

もちろん、テザリングも使い放題です。

ただし楽天回線に繋がるエリアは、まだ一部のみです。

楽天回線 エリア

楽天回線に繋がっていないときは、パートナーエリア回線で通信するのですが、月/2GBと制限があります。

2GBを使い切った後は、最大128kbpsに制限されます。

最大128kbpsだと、ネット閲覧や動画視聴も時間がかかりますね。

自分が住んでいる場所が「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」かが大事なので、申し込む前に確認しましょう。

UN-LIMITキャンペーン 

キャンペーン内容申し込み時の手数料 期間
プラン料金2980円/月が1年間無料 お申し込みが300万名に達し次第終了
オンライン契約で3000ポイントプレゼント 2020年6月30日(火)23:59まで
3300円相当分のポイントプレゼント お申し込みが300万名に達し次第終了
対象製品+プランセット購入で最大14500ポイントプレゼント 2020年4月30日(木)23:59まで

プラン料金が1年間無料は魅力的ですね。

新規申し込み・MNP・スーパーホーダイ/組み合わせプランからの移行でもキャンペーンの対象なのでチェックしてみてくださいね。

ポイントのもらい方などは、以下の記事を参考にしてください。

楽天モバイル・スーパーホーダイ→UN-LIMIT移行まとめ

まとめ 

以上、【楽天モバイル】UN-LIMIT&スーパーホーダイ情報記事まとめでした。

この記事に情報を追加していくので、関連記事を探すときの起点として使ってください。

コメントを残す