楽天モバイル・データチャージの価格と方法をご説明。

楽天モバイルには、高速データ通信容量を追加できる『データチャージ』機能があります。

3つの容量から選んで追加できるので、いざというときに役立ちます。

今回は、データチャージの価格と方法をご説明します。

楽天モバイル 料金プラン 

まずは、楽天モバイルの料金プランを確認しましょう。

  1. スーパーホーダイ:データも通話も使い放題のプラン
  2. 組み合わせプラン:月額料金を抑えたい方におすすめのプラン

どちらも、データチャージ時の容量&価格は同じです。

詳細を確認しましょう!

①スーパーホーダイ

プランS プランM プランL プランLL
高速データ通信 2GB 6GB 14GB 24GB
高速データ通信を使い切った後は、最大1Mbpsで使い放題
通話 10分以内の国内通話かけ放題
月額基本料 2980円 3980円 5980円 6980円
楽天会員の場合(2年間) 1480円 2480円 4480円 5480円
ダイヤモンド会員の場合(1年目・対象月のみ) 980円 1980円 3980円 4980円

スーパーホーダイは4つのプランから自由に選べます。

全てのプランで、最大1Mbpsでネット通信使い放題&10分以内の国内通話かけ放題です。

3つの割引特典があり、条件を満たせば、月額料金から最大2000円引きで使えます。

  1. 楽天会員割
  2. ダイヤモンド会員割
  3. 長期割

②組み合わせプラン

通話SIM データSIM(SMSあり) データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン 1250円 645円 525円
3.1GBプラン 1600円 1020円 900円
5GBプラン 2150円 1570円 1450円
10GBプラン 2960円 2380円 2260円
20GBプラン 4750円 4170円 4050円
30GBプラン 6150円 5520円 5450円

スーパーホーダイに比べると料金を抑えられますが、以下の特徴があります。

  1. 高速データ通信を使い切ったあとは200kbpsに制限
  2. 10分以内の国内通話かけ放題は月額+850円で使える

電話やネットはほとんど使わない方や、SMSだけ使いたい方などに「組み合わせプラン」はおすすめです。

あなたの使い方に合わせて、プランを選んでみてくださいね。

ちなみに楽天モバイル利用者の8割以上が「スーパーホーダイ」を選んでいます。

データチャージ(高速データ通信容量の追加)の価格 

  • 1GB/980円(税別)
  • 500MB/550円(税別)
  • 100MB/300円(税別)

追加容量が大きいほど、お得に購入できます。

追加した高速データ通信容量が余った場合、翌月まで繰り越して使えます。

データチャージ方法 

メンバーズステーションからデータチャージ

STEP.1

メンバーズステーションにログインします。

STEP.2

「データチャージ」の欄で「お申し込みへ」をクリックします。

STEP.3

現在の高速データ通信残容量と、チャージのお申込み画面が表示されます。

データチャージしたい容量を選択して「お申し込みへ」をクリックします。

STEP.4

確認して問題がなければ、「お申し込みへ」をクリックして完了です!

楽天モバイル SIMアプリからデータチャージ

STEP.1

楽天モバイル SIMアプリ

楽天モバイル SIMアプリ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

楽天モバイルSIMアプリをダウンロードして、ログインします。

STEP.2

赤枠内にある「データチャージ」をタップします。

データチャージしたい容量を選択して「OK」をタップします。

確認画面が表示されるので、問題なければ完了です!

高速データの通信速度 

時間帯(2019年3月計測) 低速モード 高速モード
7:00~8:00 1.43Mbps 14.9Mbps
8:00~9:00 1.63Mbps 2.49Mbps
9:00~10:00 1.51Mbps 18Mbps
12:00~13:00(速度制限) 0.37Mbps 0.83Mbps
13:00~14:00 1.58Mbps 2.62Mbps
14:00~15:00 1.44Mbps 4.93Mbps
18:00~19:00(速度制限) 0.44Mbps 1.10Mbps
19:00~20:00 1.36Mbps 2.23Mbps
20:00~21:00 1.59Mbps 1.15Mbps
21:00~22:00 0.52Mbps 1.05Mbps

楽天モバイル・スーパーホーダイ契約者が実際に、通信速度を計測してみました。

高速モードは人が少ない時間帯だと10Mbps以上出ますが、混むと1Mbps以下まで落ちます。

スーパーホーダイだと低速モードでも1Mbps以上出るので、高速モードを使う場面も少ないです。

通信が空いている時間帯に、高速モードでアプリをダウンロードするなど使い方を工夫してみてください。

楽天モバイルWebから申し込み 

楽天モバイルWebの申し込み方法は以下の通りです。

パソコン、スマホどちらからでも登録できます。

STEP.1
プラン選択
料金プランや端末を選びます。
STEP.2
オプション選択
必要なオプションを選択します。
STEP.3
ご契約者情報入力
楽天会員アカウントでログインすると自動入力されます。

割引もあるので楽天会員アカウントを用意しておきましょう。

STEP.4
お支払い情報入力
MNPする場合、このページで予約番号などを入力します。

本人確認書類が必要なので準備しておきましょう。

本人確認に使える書類についてはこちらのページを確認してください。

STEP.5
入力内容を確認
入力内容を確認しましょう。

翌月に事務手数料が請求されます。

・ドコモ回線:3394円
・au回線:3406円

以上の5ステップだけで完了です!

まとめ

組み合わせプランを契約中の方は、データチャージが活躍するはず。

容量を気にせずに使いたい場合は、スーパーホーダイの低速モードがおすすめです。

最大1Mbpsで容量制限なく使い放題です。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す