これだけでOK!ドコモから楽天モバイルにMNPする方法

電話番号そのままで他社に乗り換えられるMNP(ナンバーポータビリティ)

au・ドコモ・ソフトバンクから格安SIM会社にMNPで乗り換えることもできます。

今回は、ドコモから楽天モバイルにMNPする方法をご説明します。

ドコモから楽天モバイルにMNPする流れ 

STEP.1
ドコモにMNP予約を申し込む
ショップ、電話、Webサイトから申し込みます
STEP.2
MNP予約番号を取得する
MNP予約番号を取得します
STEP.3
楽天モバイルと契約
ショップ、Webから申し込みます
STEP.4
MNP開通手続き
Webから申し込んだ場合のみ、自分でMNP手続きする必要があります

まずはドコモにMNP予約を申し込みます。

定期契約期間内に解約すると、解除料がかかるので一緒に確認しましょう。

① ドコモにMNP予約を申し込む 

ドコモのMNP予約申し込み方法は、以下の3つです。

  1. 電話
  2. Web
  3. ショップ

電話番号や詳しい手続き方法は、ドコモ公式サイトを確認してください。

申し込むと、数字10桁のMNP予約番号を取得できるので、メモしておきましょう。

ドコモ契約解除料

料金プラン 契約期間 解約金
基本プラン ・カケホーダイプラン
・カケホーダイライトプラン
・シンプルプラン
・データプラン
・デバイスプラス 500
・キッズケータイプラス
2年間 9500円
Xi総合プラン タイプXi にねん
Xiデータ通信専用プラン

・Xiデータプラン フラット にねん
・Xiデータプラン ライト にねん
・Xiデータプラン2 にねん
Xiデータプランにねん 25600円から9500円

MNPで楽天モバイルへ切り替えが完了した時点で、ドコモは解約になります。

定期契約期間内に解約すると、解除料がかかります。

解除料は上記表を参考にしてみてください。

詳しくは、ドコモ公式サイトを確認してください。

MNP予約した時点では、ドコモとの契約は続いています。

楽天モバイルと契約し、回線切り替えをした時点でドコモは解約になるので、タイミングに注意しましょう。

3月31日にMNP予約を申し込み、4月1日に回線切り替えをした場合、ドコモ解約は4月です。

解約する場合は、余裕をもって申し込みましょう。

MNP転出料

ドコモから他社へMNPする場合、転出料として2000円かかります。

契約解除料とは別にかかります。

切り替えが完了した時点で、転出料が発生します。

②MNP予約番号を取得 

ドコモに申し込むと、数字10桁のMNP予約番号を取得できます。

楽天モバイル契約時に使うので、メモしておきましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

期限内に、楽天モバイルショップ、Webから契約しましょう。

ただし楽天モバイルWebから申し込む場合のみ、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

取得後はできるだけ早く申し込みましょう。

MNP予約番号を再発行

MNP予約番号の有効期限が足りない場合は、再発行しましょう。

再発行方法は2つです。

  1. MNP予約番号の有効期限が切れてから再発行
  2. MNP予約番号を取り消して再発行

15日の有効期限が過ぎると、MNP予約番号を再発行できます。

有効期限内に再発行したい場合は、ドコモショップ・電話で取り消してもらいましょう。

ショップ検索、電話番号などは、ドコモ公式サイトで確認してください。

MNP予約番号は何度取得しても無料です。

他社へ乗り換えが完了した時点で、MNP転出料2000円が発生します。

③楽天モバイルと契約 

楽天モバイルお申し込み場所 Web ショップ
SIM受け取り場所 ご自宅 ショップカウンター
MNP手続き ご自宅MNP お申込みと同時 お申込みと同時
スマホで電話・ネットができない期間 なし 2~3日間 なし

MNPする場合、ドコモの名義と楽天モバイルの名義が同じである必要があります。

MNPや料金プランの説明を聞きたい方は、楽天モバイルショップで申し込みましょう。

ショップの検索は、楽天モバイル公式サイトを確認してください。

今回は、楽天モバイルWebから申し込む方法をご説明します。

楽天モバイルWebから申し込み 

楽天モバイルWebの申し込み方法は以下の通りです。

パソコン、スマホどちらからでも登録できます。

STEP.1
プラン選択
料金プランや端末を選びます。
STEP.2
オプション選択
必要なオプションを選択します。
STEP.3
ご契約者情報入力
楽天会員アカウントでログインすると自動入力されます。

割引もあるので楽天会員アカウントを用意しておきましょう。

STEP.4
お支払い情報入力
MNPする場合、このページで予約番号などを入力します。

本人確認書類が必要なので準備しておきましょう。

本人確認に使える書類についてはこちらのページを確認してください。

STEP.5
入力内容を確認
入力内容を確認しましょう。

翌月に事務手数料が請求されます。

・ドコモ回線:3394円
・au回線:3406円

以上の5ステップだけで完了です!

①プラン選択

楽天モバイルの料金プランは、大きく分けて2つです。

  1. スーパーホーダイ:データも通話も使い放題のプラン
  2. 組み合わせプラン:月額料金を抑えたい方におすすめのプラン

通話SIM新規契約者の8割以上がスーパーホーダイを選んでいます。

私もスーパーホーダイ・プランSを契約中ですが、電話・データ通信どちらも満足しています。

②オプション選択

必要なオプションを選択します。

必要ない場合は、チェックを外した状態で次のページへ進みます。

③ご契約者情報入力

楽天会員アカウントでログインすると自動入力されます。

スーパーホーダイを選んだ場合、割引もあるので楽天会員アカウントを用意しておきましょう。

紹介者のユーザIDがある場合、このページで入力すると楽天ポイントがもらえます。

④お支払い情報入力

お支払い情報ページで、MNP情報を入力します。

MNP対象番号は、現在使っている電話番号を入力してください。

MNP予約番号は、ドコモで取得した10桁の数字です。

楽天モバイルから申し込む場合、有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP開通手続き方法を選択

MNP開通手続き方法は、2つから選べます。

  • ご自宅MNP
  • お申し込みと同時

ご自宅MNPを選択した場合、SIM到着後に自身で手続きする必要があります。

手続き完了後に回線が切り替わるので、電話が使えない期間が短いメリットがあります。

チェックを外して、お申し込みと同時に切り替えると、すぐにドコモのSIMが使えなくなります。

楽天モバイルSIMが到着するまでの2~3日間は、電話やネットが使えないので計画を立てて申し込みましょう。

ご自宅MNP 手続き方法

楽天モバイル申し込み回線 受付時間 切り替え完了時間
ドコモ回線 9:00~20:39 当日中
20:40~翌8:59 9:00以降
au回線 10:00~18:50 当日中
18:51~翌9:59 10:00以降

ご自宅MNPを選択した場合、SIM到着後に自身で開通手続きする必要があります。

今お使いのMNP対象電話番号から、開通受付センターに電話します。

楽天モバイル開通受付センター
186-0800-805-1111(通話料無料) 

受付時間と切り替えタイミングは、上記表を確認してください。

利用していた携帯電話が通話不可になれば、開通完了です。

切り替えが完了した時点で、ドコモは自動的に解約されます。

開通センターに電話しない場合でも、MNPの有効期限終了の2日前から自動的に開通作業が始まります。

これで楽天モバイルへMNPする方法は全て完了です!

楽天モバイルを使うための初期設定は、こちらの記事を読んでみてください。

ドコモ端末を楽天モバイルで使う方法 

ドコモで購入した端末を楽天モバイルで使うには、2つの条件を満たす必要があります。

  1. 楽天モバイル対応端末
  2. SIMロック解除

1つ1つ確認しましょう。

①楽天モバイル対応端末

料金プラン スーパーホーダイ 組み合わせプラン
通話SIM
組み合わせプラン
データSIM(SMSあり)
組み合わせプラン
データSIM(SMSなし)
対応回線 ドコモ回線 ドコモ・au回線 ドコモ・au回線 ドコモ回線

まずは、楽天モバイル対応端末を確認しましょう。

料金プランと対応回線もチェックしてください。

楽天モバイルに対応端末かつ、ドコモ回線で契約すると、SIMを入れ替えるだけで利用できます。

au回線で契約した場合、SIMロック解除が必要です。

②SIMロック解除

ドコモで購入した端末をau回線で利用する場合、SIMロック解除が必要です。

ドコモのSIMロック解除方法は、以下を確認してください。

発売時期によって、手続方法や手数料が異なります。

中古で購入したドコモ端末でもSIMロック解除できます。

まとめ 

今使っている端末も、楽天モバイルに対応し、ドコモ回線を選べば、SIM入れ替えで利用できます。

データやアプリをそのまま使えるので便利ですね。

通話SIM契約時に端末を安く購入できるので、新調するのもおすすめです。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す