ウイルスバスタークラウドは何台まで使える?パソコンからスマホまで

ウイルス対策ソフトを複数の機器で使いたい方も多いはず。

トレンドマイクロ社が提供する『ウイルスバスタークラウド』は、1つ購入すれば、3台まで使えます。

Windows、Mac、Android、iOSの中から自由に組み合わせて使えますよ。

家族間で分け合うこともできます。

今回は、ウイルスバスタークラウドの料金や対応機種をまとめました。

ウイルスバスタークラウド料金まとめ 

期間が長いほど、1か月あたりの価格が安くなります。

30日間の無料体験もあるので、実際に試してから製品版を検討してみてください。

1つ購入すれば、3台まで使えます。

1つで3台まで使える

利用可能台数

  • パソコン・スマートフォン・タブレットに好きな組み合わせで3台までインストール可能
  • Windows、Mac、Chromebook、Android、iOS・iPadOSに対応
  • 家族間で分け合うことも可能

ウイルスバスタークラウドは1つ購入すれば、3台までインストール可能です。デバイスの組み合わせも自由で家族で分け合うこともできます。 

ウイルスバスタークラウド無料体験版 

ウイルスバスタークラウド公式サイトにアクセスします。

ページ中央にある「30日間無料体験をすぐインストール」をクリックします。

あとは手順に従って、インストールを進めましょう。

インストールに必要な情報は、メールアドレスのみです。

クレジットカード情報などは必要ないので、気軽に試してみてください。

30日間の無料体験が終わると全ての機能が使えなくなります。

継続して使いたい場合は、製品版を購入しシリアル番号を入力しましょう。

無料体験版から自動で有料版に切り替わることはありません。

製品版購入方法

ウイルスバスタークラウド公式サイトで、製品を購入します。

購入後、メールでシリアル番号が届きます。

無料体験版を起動し、左下の「シリアル番号をお持ちの場合」をクリックし入力します。

無料体験版の有効期限が残っている場合、製品版にプラスされます。

使い方もシンプルなので、すぐに覚えられるはずです。

まとめ 

スマートフォンを狙った攻撃も増えているので、対策アプリをインストールしておくと被害を減らせるでしょう。

複数機器で使う場合は、ウイルスバスタークラウドを候補に入れてみてください。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。