ラクマとフリルが統合!特徴をまとめたよ

こんにちは!

2018年2月26日にラクマフリルが統合します。

これまでラクマを使っていた方は、出品商品や評価などのデータを、フリルにお引越しできますよ。

今回は、フリルの特徴をまとめました。

販売手数料はかかりません!

では、詳しく書いていきますね。

 フリルの特徴

フリルの特徴を、かんたんにまとめてみました!

1.販売手数料がかからない

2.出金手数料は1件につき210円

3.かんたんフリルパックが使える

1つ1つ見ていきましょう!

 

1.販売手数料がかからない

フリルでは、商品が売れても、販売手数料がかかりません!

ラクマと同じですね。

金額、販売数にかかわらず、無料なのがうれしいです。

その分、少し安く出品すれば、売れやすくなるかもしれません。

販売がメインの方は、重宝しそうです。

あとは、人が増えてくれれば、良いですね。

 

2.出金手数料は1件につき210円

売上を銀行に出金するときの手数料は、1件につき210円です。

金額で変化しないので、まとめて出金した方がお得ですね。

楽天銀行に出金する場合のみ、1万円以上は無料です。

フリルを良く利用する方は、楽天銀行の口座を開設しておくと、役立ちそうですね。

 

かんたんフリルパックが使える

全国どこでも送料一律のかんたんフリルパックが使えます。

利用できる配送方法は、以下の5つです。

日本郵便 ヤマト運輸
ゆうパケット ネコポス
ゆうパック 宅急便コンパクト
宅急便

商品のサイズによって、使い分けましょう。

あて名書きも不要なので、楽に発送できます。

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

かんたんフリルパックのご利用方法

 

 ラクマからデータをお引越し

これまでラクマを利用していた方は、評価や出品商品などのデータを、フリルに引き継げます。

評価があると、購入者も安心してくれるはずです。

忘れずにデータを移行しておきましょう!

フリルへのお引越し手順

ラクマのサービス提供終了までのスケジュールは、2月末ごろにお知らせがあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

 まとめ 

以上、フリル特徴まとめでした。

実際に出品してみると、シンプルデザインで使いやすかったです!

販売手数料がかからないので、これから利用したいサイトです。

ラクマと比べると、出品数も多そうなので、商品を探すときにも便利ですね。

ヤフオクやメルカリに比べると、知名度は低いですが、チェックしてみては。

では、今回はここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。